honjarake blog

自分用にテキトーにまとめる

iframe.contentDocument.location.replace

インラインフレーム(iframe)の参照(src)を書き換えるとブラウザの履歴に残る

iframe.src = url;

同じページ内のiframeにサムネを表示するスクリプトを作ったときに発覚
(iframe表示しているページが履歴に何個も残っていた)

解決方法

iframeのlocationをreplaceで変更する
【(location.replace(replace_path)でページ移動すると実行したページが履歴に残らない】

$('#N2GNV_list a').hover(function () {
    var iframe = document.getElementById('target');
    var src = 'http://target.co.jp/' + tail;
    //履歴残さない
    iframe.contentDocument.location.replace(src);
    }
    samne.style.display = 'block';
  }, function () {
    samne.style.display = 'none';
  }
);

だが、しかし!
これだとhover一回目は正常に処理されるのに、hover二回目にエラーが発生してしまった

エラー:「iframe.contentDocument が null」

…うそだろ?
(ちなみにこのとき、iframe 自体は null じゃありませんでした)
どういうこと?

解決方法
$('#N2GNV_list a').hover(function () {
    var iframe = document.getElementById('target');
    <~省略~>
    if (iframe.contentDocument == null) {
      var iframed = (iframe.contentWindow || iframe.contentDocument);
      iframed.location.replace(src);
    } else {
      iframe.contentDocument.location.replace(src);
    }
    samne.style.display = 'block';
  }, function () {
    samne.style.display = 'none';
  }
);

※if文はデバッグの名残

var iframed = (iframe.contentWindow || iframe.contentDocument);
iframed.location.replace(src);

こうすれば問題なく動いたがよくわからない

追記

本来はクロスブラウザ用の対策だよなあ…
関係ありそうなページ?
local MDC: chrome コードでウィンドウを取り扱う (/ja/working_with_windows_in_chrome_code)

そのドキュメントには browser.contentDocument を、そのドキュメントの Window オブジェクトには browser.contentWindow を使ってアクセスできます。

二回目のresizeではドキュメントを参照できず、ウィンドウオブジェクトを参照しないといけないのか?
※環境:firefox 32.0 greasemonkey2.2